多くの人に見られる設置場所とは?規格看板の正しい設置場所
ロゴ

依頼する前に規格看板ができるまでの過程を知ろう

多くの人に見られる設置場所とは?規格看板の正しい設置場所

広告

設置場所の選び方

規格看板は目的によって使い分けていきます。飲食店などで店舗そのものを宣伝するなら、屋上看板や、入口に設置するテントサインが多く使われます。車の運転手にアピールするなら、お店に隣接して設置するポール看板が有効です。また、歩行者を対象にするなら、置き看板を活用すると良いでしょう。こちらは安価に設置できますので、期間限定のキャンペーンの告知に利用することもでできて便利です。

看板

効果的な設置方法

置き看板を効果的に設置するなら、通行人の目に止まりやすい状況を作り出すことが大切です。最も簡単で効果的な方法は、通行人の向きに看板を設置することです。これで通行人が看板に気付きやすくなりますし、集客効率アップが期待できます。設置の際に注意すべきことは、視認性を高めるだけでなく、入店の際の動線を意識することも重要なポイントです。

看板製作の流れ

街

問い合わせ

まずは業者にコンタクトし、要望を伝える等の問い合わせを行います。メールや電話などで直接担当者と相談することで、今後の業務の進め方や段取りを確認する段階です。

打ち合わせ

次にスタッフが現地調査を実施し、その後、どんな素材やデザインにするのかによって具体的な作業内容を詰めていきます。その結果をもって見積もり作成を依頼します。

製作及び納品

見積もり内容に納得がいけば契約となり、その後、看板のデザインスケッチ等で製品のイメージについて合意します。製作後、宅配もしくはスタッフにより現地まで搬送して納品となります。

メンテナンス

設置後のトラブルや劣化への補修や交換作業のメンテナンス契約も業者と結んでおくと、不測の事態に適切に対応してもらえますので安心です。特にサイズが大きくて重い看板の対応に便利です。